長男にお風呂の時のシャワーを減らしてもらいました

浴槽のイラスト家族4人で生活していますが各人のお風呂の入り方で水道料とガス代が変わって来ます。
ガス代は我が家ではお風呂が決め手になります。
各個人のプライベートを尊重しますのであまりとやかく言わないのですが、ガス代で1万5千円を超えると、やはり節約しなければ駄目です。

日本人はお風呂好きの綺麗好きかもしれませんがそう言う意味では私は違います。
2日に1度の割合でお風呂に入ります。
しかしシャワーをよく使う長男にガス代が高いと料金明細を見せて説明しました。

長男は最初から最後まで全てシャワーです。それで風呂おけに入っている残り湯を出来るだけ使う様にして身体を洗い最後にシャワーを浴びると言うように変えてもらいました。
料金的に家計に響いてくるのはガス代で出金額を掴んでおればこれは説明が可能です。

お風呂のガス器具とそのガス代なので大きいガス器具でも火力でもありませんが実際4千円ほどガス代が節約できるようになりました。長男がお風呂の残り湯を使いお風呂に入る事にして最後にシャワーを浴びるようにしました。

結果として私と長男のお風呂の入り方でガス代は減りました。
通常1年を通して残り湯を使いシャワーを最後の上がり湯として使えばガス、水道などの料金は減るので家計に響きません。
長男に後で料金明細を見せると解ったらしく実際に料金が減るので少し経費節減に寄与した形になっています。

後は水道料金と電気代でこれは私の家ではそれほど変動がなく風呂の水や料理の水を節約してもしれていますし、風呂は残り湯がありますから全員イチから入れなおす事はありません。
比較的大きい風呂おけです。
電気はエアコンをつけるかどうかで季節的に変わるぐらいです。
しかし水道光熱費の利用明細は解りにくいですね、何とかしてほしいです。