株式市場で10万円分を購入してみる

上昇するグラフ私は今までで経験した投資は「株式市場」ぐらいです。
銀行から定期をそのまま「投資信託」にしたこともありますが、既にそれは満期を終えました。

今現在は少々の株を持っています。
いつの頃か「デイトレード」という「ブーム」があり、その頃、乗っかってしまいました。
リーマンショックなどで株価が暴落し、売るに売れない株は現在「塩付け」状態となっております。
こんな自分が何故10万円あれば「株を」と言う理由は色々あります。

自分は株の知識もないままブームに乗せられてデイトレードにて結果、失敗しています。
でも10万円程度であれば金額的にもリスクによる損害は少ないと思われます。
現在「ニーサ」という売買方式もあります。
詳しくは勉強不足で分かりませんが小口で出来る株取引だと認識しています。
こういったあたりを入り口にして勉強するのもよいのではないかと思います。

10万円を増やしたいということであればリスクを背負って「信用取引」という選択もありますが、これは失敗した時の代償が半端ないので初心者にはお勧めできません。
株は信用取引をしない限り「マイナス」にはなりません。
通常のギャンブルと同じです。(サラ金から借りてギャンブルするような依存症の人は除きます)

ではどのような銘柄を買えばいいのか、という事になりますが、投資の金額を10万円と限定するならそれに納まる銘柄に絞られます。
株は100株または1000株単位で購入する銘柄が多いので10万円という額麺では複数の銘柄より1社だけに絞ったほうが良いかもしれません。

そして選ぶ理由では「配当がいい」「株主優待がいい」「株価が上がりそう」など人によって様々ですが大まかでこの3つぐらいに絞られるのではないでしょうか。
この額では株取引の手数料も無料(多分ですが)なので違う気になる銘柄が欲しければネット上で直ぐに売買もできます。
ただ、配当落ち日など時期によって株価は激変しますのでやはり情報収集や勉強は必要になります。