へそくりはネットバンクへの貯金がおすすめ!

スマホを持つ手へそくりの隠し場所というと、机の引き出しの裏、たんすの上など、古典的な場所が思い浮かびますが、実際これらの場所は見つかることが多いのでおすすめできません。
リスクが少ないのは、通帳が発行されないネットバンクです。

なぜ口座を作るのかと怪しまれるのではないかという危惧もあります。
確かに口座を開設すれば、なんらかの郵便物が届きますので、口座を作ったこと自体はばれてしまうかもしれませんが、ネット通販で必要なのだとか、ポイントがたまりやすいからとか、色々な理由は付けられると思います。
男性なら、「地方競馬の馬券を買いたいが、ネットで馬券を買うにはネットバンキングの口座が必要だ」など、開設が必要なもっともらしい言い訳を考えて、堂々と口座開設すればよいです。
理由はともかく作ってしまえばこちらのものです。

もともと持っている小遣い用の口座があればそれを併用しつつへそくり預金をしていけば、よりへそくり口座であることを隠すことができます。
通帳がないので預金金額はログインしないと見られないので安心です。
他にも、ネットバンクは預金額に応じて優遇金利が適用になったり、ポイントがたまったりと、楽しく貯金することができます。
まずは10万円ためて定期預金にしよう、とか、目標も立てやすいのがいいところだと思います。

貯まっていくとパソコンやスマホで金額をチェックするのが楽しくなりますよ。
パスワード管理はしっかりしないといけませんが。