財布とは四六時中付き合いだから、妥協は無理

可愛い財布サイフを安く入手したくて、サイトのバーゲンで購入しましたが、届いてみたらめちゃくちゃ重かったのです。
とても毎日持ち歩く気にならないものでした。
5,000円ほどをケチって使えないものを1つ買ったと言う感じです。
使い勝手もとっても悪くて結局はタンスの肥やし。

靴も履いてみないとわからないというのがありますが 、お財布も、 結構そういった側面がある気がします。
その人の使い方の癖とか 、自分がこうあって欲しいと言うところがはっきりしてくる商品だと思うので、やはり時間と労力を使って、 値段的にもあまりケチらないように納得のいくものを買ったほうがいいんだなぁとつくづく思いました。

毎日使うものですから、納得をしたものを使っていると気分が違います。
なので今後は、 お財布に妥協はしないことに決めました。
通販で買うといった労力も、惜しむこともしない様にするつもりです。
あまり安いものを買うと大事にできないと言う側面もあるような気がしますし。

やっぱりお財布は、自分の生活からちょっとだけ多めに出費しちゃったと言うのがちょうどいいのかもしれない気がします。
といっても、 付録で付いてきたお財布が結構使いやすいといった例もあったりしますが。