ともかくお金をかけないように、我慢です

お茶碗に入れたごはん現在62歳、年金生活者で障害者、一人暮らし。年金は障害者年金が月に5万円弱と、障害者の就職支援施設での自給が月に5万円程で合計10万円程です。年金の方は、税金や水道光熱費自動車関係に消えてしまうので、このお金を使うことはできません、あまりカードを使い過ぎると返済日前に、お金を振り込んでおかないといけなくなりますので大変な所もあります。

問題は普段の生活ですね。家は持ち家なので家賃はかかりませんが、食にはお金がかかります。それでも田舎の農業地帯に住んでいるので、友達も多くお米は直接安く買っているのですが、最近ご飯の食べ過ぎですか、減るのが早いです。最近お弁当を持って、施設に行っているから減るのが速いのですね。元からご飯大好きな人です。ラーメンでもご飯がないと嫌でしたので、ご飯の消費量が増えるのだと思いますが、減らすことはできません。

ご飯だけでは食事にならないので、やはりスーパーへお買い物へ行きますが、その日に買うものをしっかりと決めていきます。決めないで行くと、買い過ぎてしまいます。買い過ぎて買ってきたものを忘れて、冷蔵庫の中で消費期限を過ぎてしまうこともあります。最悪です。少しでも安くと購入してきたものが、食べられなくなっちゃうなんて、何のための節約なのでしょう。

今は、沢山の物は買わないようにしています。たくさん買うと、どうしても忘れてしまう食材が出て来てしまうからです。そうして、必要な物を必要なだけしか買わないようにして、無駄のないようにしています。少しでもお金を繰り越せるようにして、たまには飲みに行きたいです。

GiFTプロジェクトという詐欺

詐欺のイメージ最近流行りのGiFTプロジェクトですが80数億円の資産家の人と言うお爺さんのプレゼンのプロジェクトです。
始めは皆にお金をくれると言っていましたが次回に繰り越しを五回程繰り返されました。
第二回からはシンクロメカニカルと言うワードと七人の侍と呼ばれるワードが出てきます。
七人の侍とは企業の情報を持っている者達の情報を元に、確実に勝てるFXをしてくれると言っています。

つまりインサイダー取引で多額の収入を手にしており、それの情報を貰う為にこのシンクロメカニカルで仲間も稼がせていると言っています。
シンクロメカニカルとは個人と詐欺人である人物との口座をリンクさせるから、詐欺人の言う口座に現金を入れて置く用にしてくださいと言う話です。

そして期間内で終わると言っていたギフトプロジェクトは、時間が終わってからは金がないならば月々の入会でも構わないとメールが届いてきます。
つまり始めから金が目当てになっているシステムだと確信にふれるところまできています。
早めに振り込んだ人はアンティークコインを貰えました。
それは価値が上がるから、とずっと持っているようにとのことでした。
これは偽物だから詐欺が知れるといけない為に売るなと言っているのだと思われます。

現に過去のメールは機械によって破壊されていました。
証拠品がない以上は警察は動けませんしYouTube等の登録等にもその動画等は削除されております。
今回が最後の企画だと言うワードのは一度しか出来ない詐欺だからだと思われます。
これを御覧に成られた方は詐欺に気をつけてください。

誰でも今から実践できる!節約方法2点

小さい瓶に入ったミルク私が普段生活をしていて実践している節約方法は2点。

まず1つ目は、小銭貯金です。
やり方はとても簡単。
財布の中にある小銭を毎日空き瓶に入れ、1カ月毎に集計し空いた時間に銀行へ振り込みにいくだけ。
ポイントは、小さめの瓶に100円や500円も全て入れる事です。
私は1カ月で、大体2000円前後貯めています。

あまり大きい瓶に貯めてしまうといつまでも増えた感じがしないので、ストレスが貯まります。
ですから、最初は化粧品のクリームの空き瓶くらいから慣らし、次にジャムの瓶、達成したらもう少し大きい瓶と、入れ物をグレードアップすると、目標が徐々に目に見えて達成され効果的です。
無理をしないことも大切です。

2つ目は仕事の時は必ずお弁当と水、その他を持参します。
昼ご飯は、一番安いコンビニ弁当298円とコンビニオリジナルのお茶108円を購入しても、400円はオーバーしてしまいます。
それに、飲み物は1日8時間働いていると500mlでは足りない時もあります。

私はお弁当の他、おやつ(腹持ちする為に、芋系を選びます。)水、気分転換用のコーヒーの粉とマイカップも持参します。
コーヒーの粉は、大型スーパーや業務スーパーで購入すれば、更に節約になります。
よって、1カ月20日間出勤、昼ご飯にかかる費用として、弁当代298円+お茶代108円+コーヒー代108円として1カ月約10,280円の節約ができています。

小さい事ですが、無理なく続けられる事を実践するのが節約のポイントだと思います。

自分に必要な保険が分かるように

保険選びのイメージ元々加入していた保険は昔ながらの特約がたくさん付いていて、更新型で更新の度に保険料があがるものでした。
そもそも見直しで相談するまで何がどれぐらい保障されるのかも分かっていませんでした。
見直しをする過程で死亡保障、医療保険、積み立て部分など内容を噛み砕いて教えてもらい、医療など老後必要になりそうな保障が80歳でなくなることや、死亡保障も事故だと手厚いが病気等だと少ないことも分かりました。
主人が独身の時にすすめられるまま加入したものでしたので、家族の人数や年齢に合わせて必要な保障についても教えていただきました。

主人はまだ30歳で子供が小さかったので、医療保障よりは万が一の時の収入保障や将来への積み立ての方をしたいという点を踏まえて、掛け捨ての保障という積み立ての保障を組み合わせて満足のいく保障内容になりました。
保険料が元の物に比べて特別安くなったわけではありませんが内容が手厚くなりましたし、掛け捨てのものと組み合わせることで状況に応じて解約し別の保険に入り直せるなど臨機応変に対応できるようになったと思います。
また、1つの保険会社ではなく複数の保険会社から条件に合う保険を選ぶことができたのも良かったですし、1つの保険会社に偏らないことでリスク分散にもなっているかと思います。
それでいて住所変更などの手続きや問い合わせ窓口は見直し相談を行なったプランナーさんにまとめてお願いできるのも管理面で助かる所でした。

保障を考える上で健康保険の高額療養費制度や今現在の年金について教えていただけたのも保険を通して貯蓄や老後を考える上で役に立つ情報でした。
結果として我が家の場合は保険を見直して保険料が大幅に安くなったわけではないですが、自分が加入している保険の内容と必要な保障を自分達で理解できるようになり、満足のいく保障内容にできたので良かったです。
そして、自分達で把握できているので必要な時は保険の請求漏れもしないと思いますし、今後見直したいときにも自分達で選ぶことができるようになったと思います。