家計簿をチェックされてもばれないへそくり方法

黄色いブタの貯金箱家計簿を毎日つけて、主人も家計簿をチェックしているのでへそくりを貯めるのは難しいと思い、最初はへそくりを作れませんでした。
今はオークションで不用品を売って、小さな稼ぎをへそくりにしています。
不用品なので捨てたといえば、問題もなく毎月、平均して1万円ぐらいの利益がでています。

でもオークションで売れる事が面白くなってきて、今は売れそうな商品で利益がでそうな物があれば仕入れて売っています。
仕入れた物は家計簿につけていますが売れて、利益がでても家計簿にはつけず丸々お金をもらっている計算になります。

もうひとつ、去年からやっているのは家計簿をつけているので水増し請求をしています。
外出時に自分でお茶やお弁当を持参したら、購入したものとして家計簿に加算。
コンビにでの買い物はレシートが小さい事もあって破棄する事も多く、またレシートがあっても
そこまで細かくチェックをしないので全くばれていません。
バスや電車に乗らずに歩いて交通費が発生しな時も、家計簿につけその金額をへそくりにしています。

小さなお金ですがちりも積もれば山となるで月に5千円ぐらいのへそくりができ、オークションサイトと併せて
ひと月に1万5千円ぐらいのへそくりになっています
お金は口座にはいれておらず、千円が十枚になったら1万円にして3個パックの石鹸の箱の中に現金で隠しています。
このへそくりのお金がどんどん溜まっていったら、今度はどこに隠すべきか模索中です。

直接肌に触れるものにはお金をかけましょう

水色の下着の女性イラスト安くてもいいものはたくさんあります。
でも直接肌に触れるものは、自分の美への投資としてお金をかけたほうがいいと思います。

大手メーカーのブラジャーは女性の胸のことを年齢別にしっかり考えて作られていて、長く自分の胸を美しく保つためのブラジャーを開発しています。
もちろんデザインも、ラグジュアリー感があり女性の気持ちを高めてくれます。
二日に一度手洗いをして陰干しすれば、二年は持ちます。

逆に、お安いブラジャーだと、女性の胸の形や皮膚を傷つけてしまう可能性があります。
大体のサイズで購入すると、再度買うことになる場合があるのでサイズはしっかり合わせたほうがいいです。
安いワイヤーは強いものが多いので、皮膚に黒ずみを残してしまうことがあります。
そして、何度か洗濯をすると形が崩れてしまうので、そのまま使い続けると胸の形をくずしてしまいます。
安いものだと豪快に洗濯機で洗う傾向にあるのも否めません。
手軽な反面、自分の肌を痛めてしまいます。

安いからという理由が雑な生き方に導いてしまう場合もあります。
直接肌につけるものはしっかり吟味して、選ぶことをお薦めします。
それが長い目で見て投資になるからです。

年齢を重ねても美しい胸でいる方は、見えない下着にお金をかけています。
少しずついい投資をして、いつまでも魅力的でいたいですね。

株式市場で10万円分を購入してみる

上昇するグラフ私は今までで経験した投資は「株式市場」ぐらいです。
銀行から定期をそのまま「投資信託」にしたこともありますが、既にそれは満期を終えました。

今現在は少々の株を持っています。
いつの頃か「デイトレード」という「ブーム」があり、その頃、乗っかってしまいました。
リーマンショックなどで株価が暴落し、売るに売れない株は現在「塩付け」状態となっております。
こんな自分が何故10万円あれば「株を」と言う理由は色々あります。

自分は株の知識もないままブームに乗せられてデイトレードにて結果、失敗しています。
でも10万円程度であれば金額的にもリスクによる損害は少ないと思われます。
現在「ニーサ」という売買方式もあります。
詳しくは勉強不足で分かりませんが小口で出来る株取引だと認識しています。
こういったあたりを入り口にして勉強するのもよいのではないかと思います。

10万円を増やしたいということであればリスクを背負って「信用取引」という選択もありますが、これは失敗した時の代償が半端ないので初心者にはお勧めできません。
株は信用取引をしない限り「マイナス」にはなりません。
通常のギャンブルと同じです。(サラ金から借りてギャンブルするような依存症の人は除きます)

ではどのような銘柄を買えばいいのか、という事になりますが、投資の金額を10万円と限定するならそれに納まる銘柄に絞られます。
株は100株または1000株単位で購入する銘柄が多いので10万円という額麺では複数の銘柄より1社だけに絞ったほうが良いかもしれません。

そして選ぶ理由では「配当がいい」「株主優待がいい」「株価が上がりそう」など人によって様々ですが大まかでこの3つぐらいに絞られるのではないでしょうか。
この額では株取引の手数料も無料(多分ですが)なので違う気になる銘柄が欲しければネット上で直ぐに売買もできます。
ただ、配当落ち日など時期によって株価は激変しますのでやはり情報収集や勉強は必要になります。

クレジットカードの賢い選び方

ショッピングカート私の使用しているクレジットカードは主にイオンカードです。
他にもいろいろクレジットカードがあり、立ち寄った店舗で勧められたカードを何枚か作って使用していました。
もともとはイオンカードもそんな感じで作ったと思います。

作って使い始めの頃は、大きな買い物をするときに使用したり、まとまったお金が必要な時にキャッシングをする程度で、公共料金やすぐに使ってしまうものなどにクレジットカードを使用するという考えはありませんでした。
なんとなくポイントを貯めて、ある程度ポイントが貯まったらポイントの範囲内で欲しいものを貰う。そんな感じだったと思います。

でもWAONという電子マネーの登場で、どんな風にカードを利用すれば良いのか考えました。
ポイントとの引き換えに「WAONに交換」という選択肢ができたからです。
それまで各店舗で作ったカードの使用は止め、どこの店に買い物に行ってもイオンカードを利用することにしました。

ガス代などの公共料金や、携帯電話料金などすべてイオンカードで引き落としになるように変更。
だいたい年初からポイントを貯め始めると、出費が多い年末にはある程度ポイントが貯まるので、
年末になるとそのポイントをWAONに交換して使用しています。
その他、小さなものでも他のものよりポイントが多く付く場合などは、出来るだけカードで支払いをするようにしています。

それ以外にも使用しているのは、ぴあカードです。
名前のとおり、チケットぴあが発行しているクレジットカード。
音楽ライブに行くのが好きで、行きたい人のライブチケットを出来るだけ取りやすくするために作りました。
このカードを作って会員登録すると、チケットぴあのプレミアム会員になり一般発売より早くチケット予約することができます。

年に数回しか使用しないのでポイントを貯めるのはできませんが、プレミアム会員限定でチケット先行発売のお知らせが届くので、申し込みが多い人気がある人のチケットを取れる確率は上がります。