カード枚数は最低限、必需品をお得に

クレジットカードクレジットカードは使ったら、貯金が減るものだという無駄遣いしない意識を常に持っています。その上でなるべく支払いは、カードで行いポイントを貯める機会を無駄にはしません。
光熱費などの引き落としにするものも、調べてクレジットカード支払いが可能なものはクレジットカードに変更します。
また、クレジットカードでお得さに違いがなければできるだけ1枚に集約し、使った金額など把握、意識しやすいようにし、無駄遣いがないか、おかしな使用がないか管理しやすいようにしています。
対象のクレジットカードを使用することで割引が受けられる日や、ポイントが倍になる日を把握し、必要なものをその日にまとめて買うようにします。
別途ダイレクトメールでの割引券があるときは、ポイントが倍になる日に合わせて使用したりもします。
セゾンカードでは、買い物をせずに、アンケート、レシート提出、チラシ閲覧など、いろいろな方法で少しずつですが手間だけでポイントを稼げます。
アンケートは、早い者勝ちなので、なるべくはやく解答する必要がありますが、くるアンケート件数は少なくないので無視できない方法です。
アンケートは、パソコンで答えるものが2種類の他にスマホ限定のものもあります。

レシート提出もいろいろな外食店のレシートの募集があるので、外食が多い人は、ひっかかるレシートはあるかもです。
ネット通販を利用する場合、セゾンカードのサイトを経由するとポイントが何倍にもつくサービスがあります。
サイトもよく使いそうな店も多く、10倍にもなるところもあり、手間ですし忘れがちですが、無視できないサービスです。

セゾンカードで嬉しいのが、よく使うAmazonのギフト券へのポイント交換が、私が感じる限りはいい比率で交換できることです。
Amazonはいろんな商品がありますし、安く購入できる分野の商品もあるので重宝します。
イオンカードは、イオンでの買い物が大きな割合を占めるので、使っています。
割引の日は前からありますが、最近は、カードで払えばいつもポイント2倍になるので、WAONより買い物がよりお得になりました。
また、ポイントを無駄なくWAONに交換できるので、食費や日用品など生活費に有効に使えるのがいいです。

いずれ好きな音楽を活かしながら自営業ができるよう資金を貯蓄中

ピアノ好きでもない仕事をしているのですが、30歳までに300万円を貯金しようと目標を立て、それまでは現在の仕事を続けるつもりで働いております。
27歳で就職しましたので、現在勤続1年半で給与は月額20万円そこそこです。実家暮らしですが毎月5万円家に入れております。
3万円を別の口座に写してコンスタントに貯めています。年で36万円溜まる計算です。学生時代のアルバイト、前職の貯蓄が約100万円ありました。つまり、30歳になるまでの4年間で200万、年間50万円ずつ貯金していかなければなりません。
3万円ずつでは36万円で14万円不足がでてしまいます。

月収20万円ですが交通費の上限が厳しく足が出てしまうため、手取り額から交通費を引くと16万円程度が残ります。
そこから5万円を実家に、3万円を別口座に、1万円が携帯電話料金に出て行きます。お小遣いは毎月2万円と決めています。上手く行けば5万円ずつが更に溜まっていく計算になります。
しかしお小遣いが月に2万円というのはかなり少ない設定で、実際はもっと必要になってきます。ケチケチするのは嫌いですし、若い今だからこそ投資しておいた方が良いと判断したものにはお金を出そうと決めていますので、旅行や大きな買い物も比較的躊躇なくするようにしています。
そうすると、大体5万円が上手い具合に消費されていく流れになっています。貯金額を4万円に増やそうかとも考えましたが、それだと少々しんどいところなのです。

そこで、私は副業を始める事にしました。
得意な音楽(作曲、編曲、ピアノ、歌)を生かしてネット上でスキルを通販する事にしたのです。
予想外に需要があるようで、比較的コンスタントに依頼を頂き、月に平均で2万弱ほど、稼ぐことができるようになりました。1年で約20万円ですので、これをそっくり貯金に回すと丁度年間で50万円貯金ができるような計算になります。

この調子で30歳までに300万貯めて、ゆくゆくは自宅で音楽を教えながら作曲・編曲活動などの音楽関連の仕事の方を中心に自営業を始めたいと考えています。
そのノウハウや需要の調査という意味でも、副業を始めて実際音楽で働いている事は私にとってとても大きな経験値となっています。

独り暮らしはお金がかかるのでしたくはないのですが、結婚の兆しも見えないので、そろそろいい加減独立しなくてはとも思っている今日この頃。薄給ですが工夫して貯金して新しい人生の道を切り開いていきたいと奮闘しております。

ふるさと納税おすすめエリア一覧

うなぎ家族の好物を中心に納税をしています。
各エリア大盤振る舞いで夫婦+幼児だと食べきれないよ!というボリュームの生もののご提供も多いので、もったいながる性分の私は保存性を重視しています。

うなぎは写真で真空パックの状態になっているのを確認したうえで申込みし、冷凍庫で来る日まで大切に保存、とっておきの記念日に出しています。今年は鹿児島県大崎町への1万円の寄付で、うなぎのかば焼きをゲット!
一匹でもかなり大きくて、夫婦二人でも十分なボリュームでした。

そもそも冷凍品であるものも重宝します。
特に夏場はアイス消費量が半端ないので、5000円でいっぱいもらえる自治体を探しました。
5000円の寄付だと、6個が平均のようですが…
一つ目は秋田県湯沢市よりアイス8個
二つ目は山口県山口市よりアイス8個

味も数種類あり、かつベーシックで、ご当地だからの奇抜な味を組み入れていない自治体をセレクトしました。
不景気で安いラクトアイス、アイスミルクしか食べられない我が家には嬉しいアイスクリームの到着です!
冷凍品はかならず先方に届く事が肝要なので、湯沢市の申し込みフォームには長期不在時期の記入欄があり、また、山口市にはそれはありませんでしたが、発送元の牧場からご丁寧に発送時期の確認のお電話を頂きました。

ちょっと贅沢した気分になれて、税金も安くなるふるさと納税は、止められなくなりそうです。

安い洋服を高級に見せるには、清潔感が大事!

黒ズボンとグレージャケットよく価格も1000円前後のシンプルなシャツを購入します。
そのシャツを着る時は、必ずズボンを履きます。
なるべくシンプルなコーディネートを心がけています。
白シャツにデニム、黒シャツにホワイトデニムなど、色味も2色程度に抑えます。
ここで一つこだわりがあって、シャツの袖をまくって着るのもポイントです。
シャツから出た腕に、ブレスレット(これも安くても良い)をするだけで、アクセントになります。
またヘアアレンジも大事です。
首回りをすっきりさせる事で、洗練された感じも出てきます。
洗練された感じを醸し出せれば、それだけで安物も高級品に見えてきます。
また靴も大事です。安い靴だろうと、つま先まで綺麗な靴を履いている方が、清潔感が出ます。
全体を通して清潔感を出すと価格以上に見えると思います。
また、言葉は悪いですが、着用する本人の体型も重要です。
上記のコーディネートをスッキリした体型の方と太目の体型の方とでは、同じ服を着ていても前者の方が高級に見えます。
細見のスタイルであれば、安物のTシャツ一枚でも、高級品に見えるものです。
要は着用している本人次第なのです。
ですので、シンプルなコーディネートを心がけるとともに、体型維持が何よりも安物を高級品に見せる秘訣なのだと思います。