恋人から貰ったプレゼント、売れる?売れない?

赤いリボンの小さなプレゼントお金に困ったとき、家にある何かを売ろうと考えたことはありませんか?
使わなくなった家電やブランドの時計屋バッグ、デザインが古くなったアクセサリーなど売れそうなものを探すと思います。
でもその中に、昔付き合っていた恋人からもらったプレゼントがあったら売れますか?

付き合っていた恋人と別れたら、当時のものはすべて処分する!という人もいます。
別れたら思い出の品なども一切目に入れたくない!と綺麗さっぱり処分しないと気持ちの整理がつかないという人。
逆に何年経っても手紙や写真、プレゼントも全部取っておくという人。
別れてしまっても大切な自分の思い出だという人と、はっきり二手に分かれると思います。

もしも本当にお金に困っていて、もらったプレゼントの処分にも困っているのなら売ってもいいと思います。
いつまでもクローゼットにしまっておいても、どうにもなりませんからね。
ただその場合、もしもの時のことを考えてネットで売るほうがいいかもしれません。
別れたのが何年も前だったとしても、直接質屋などのお店に持っていくとどこで誰が見ているかもわかりません。
元恋人の逆恨みを買ってしまう可能性もあります。

それに不用品を売る時には、売る前に必ず査定金額を確認しましょう。
納得いかないような金額だったら、他社にも査定してもらうなど少しでも高く買ってもらえるようにしましょう。

元恋人からのプレゼントを売るにしろ売らないにしろ、何かを売らないとお金に困るような生活はできればしたくありませんよね。
できるだけお金は計画的に、節約しながら大切に使いましょう。

電子マネー、おすすめできるのはコレ!

レジをする若い女性のイラスト電子マネー、持ってますか?
私はnanaco、ponta、WAON、楽天Edy、suicaを持っています。
その中でよく利用しているのがnanacoとpontaとWAONの3枚です。
suicaは以前の勤め先が自宅から電車で30分かかるところだったので定期として使いつつ、駅ナカで買い物するときにチャージしてよく利用していましたが転職してから全く利用なしになりました。
楽天Edyは、楽天市場でよく買い物をするので作ってみましたが店舗によってポイント率が違うのでわかりにくいのと提携先もあまり利用しないような店舗ばかりなので利用する機会もなく全く使っていません。

nanacoは、セブンイレブンでよく利用します。
もともとコンビニの中で一番セブンイレブンの利用頻度が高かったことと、ヨーカドー系列のスーパーも近所にあるのでよくポイントが貯まります。
WAONはミニストップやイオンで。
pontaはケンタッキーやゲオ、たまにローソンで使います。
この3種類の電子マネーの提携先店舗は利用頻度が高いので、どれもポイントを交換したことがあります。

このことでよくわかるように、電子マネーを作るときに一番重視するべき点はどこでポイントが貯まるか、自分がどこでよく買い物をするかによって大きく変わってきます。
どうせ電子マネーにチャージして支払いをするなら、少しでもお得に、ポイントを貯めないと意味がありません。
作りたいと思っている電子マネーのホームページで提携先を確認して、自分に一番あった電子マネーを作りましょう。
自分が一番買い物する先と提携している電子マネーが、一番オススメの電子マネーです!

借金の相続を放棄したい

遺言書両親が亡くなった時、相続はどうすればいいんだろう?と年齢を重ねれば重ねるほど考える機会が増えると思います。
プラスになるほど遺産があるのなら相続したいけど、借金なら相続したくないと考えるのは普通だと思います。
両親がなくなる前から借金があるとわかっていた場合、なくなってから借金があると初めて知った場合でも借金の相続は放棄することが可能です。

借金の相続を放棄すると聞くと、いいイメージしかないかもしれません。
しかし相続を放棄するということは、借金だけの相続ではなく財産も一切相続できなくなるということになります。
もしも借金しか残っていないと思って相続を放棄したとします。
しかしその後になって、あなたが全く聞かされていなかった知らなかった財産がたくさん見つかったとしても相続は全くできなくなります。
一度でも相続を放棄してしまうと、取り消すことは不可能になります。

借金しか残してくれなかったと思っていても、実は借金を大きく上回る財産があったなんていう話は少なくありません。
もしも本当に相続を放棄するのなら、借金以外に相続するものはないか十分によく調べてから放棄しましょう。
また親族間でもめることがないように、十分に家族で話し合うことも必要です。