重労働に懲りて使わなくなったキャリーカート

キャリーカートポスティングの仕事をしていて雨が強い日や台風といった悪条件の時にバイクを使用すると、スリップして危ないので、 怪我を避けるためにもキャリーカートを使用して歩きながら配布をしようと思いました。
そこで近所の商店街でちょうど3000円の 商品を目にして、値段も手ごろだと思って購入しました。
購入してしばらくして雨が強い日があったので、早速試してみようと思い、 購入したキャリーカートを利用して歩いてチラシを配布しました。

しかし実際に行ってみると思ったよりも時間がかかり、重たくて 傘をさしながらキャリーカートを引いていくのは本当に重労働です。
バイクと比べて1度に少しの量しか運べないので、 当然効率も悪くなり、何回も往復するのに本当に疲れました。
それに思ったよりも運ぶ時の安定感が悪かったです。
何度もキャリーカートが倒れそうになり、重たい配布物がいっぱいなので踏ん張ることにおいてもかなり体力を消耗しました。
重たいものを引いているので普通に歩くよりも時間もかかり、それに懲りて以降は雨が強ければ、 小雨になるまで待ったり雨に濡れるのを我慢するなりして、とにかくバイクで配布することを心がけました。

キャリーカートは物置の奥にしまってしまい、もやは存在感すら忘れています。3000円を無駄にしたと思う時もあります。
それでももう二度とキャリーカートでの配布はしたくありません。
配布日は木曜日と金曜日と期日が決まっているので、 もしその2日間の間に台風や大雨がおさまらないことが心配です。
どうしてもバイクでは危険はときは、あのキャリーカートを利用する可能性はわずかにあるかもしれません。
その日が来ないことを祈ります。