欲しいものをプレゼントしてもらうコツ

ブーツを履い足私が買ってもらったのは、20000円のブーツです。
彼のプレゼントを選んでいたのに、他に目移りしてしまって、「可愛いなぁ」と見ていたらすぐ買ってくれました。
日頃の仲の良さや感謝の気持ちの表れだと思います。

あと、私に似合うとも思ってくれたようです。
自分が似合う雰囲気や色やサイズを日頃から知っておくと良いですね。
そしてお金をかけても良いと思われるような、一緒にいて幸せ、楽しいと思ってもらえるような、自然体の自分でいることが大事です。

お金がないとお互いがイライラしがちなので、彼に頑張って働いてもらうことも重要ですね。
たまには仕事の愚痴も、優しく聞いてあげると良いと思います。
いろんな支え方はあるので、自分ができる範囲で無理なくすることが大事です。
でも甘い顔しすぎる関係は俺様のように、相手が優位になりがちなので、ときには怒ることも必要だと思っています。

料理でも、家事でもなんでも良いですが彼より勝る何かがあると有り難みを感じてもらいやすいと思います。
お互いの好みも事前に会話の流れで話しておくのも良いですね。
それから、誕生日や記念日とか大事にしたいですが、それにこだわらないこともたまには必要だと思います。
特に忘れっぽい彼の場合はそうです。