借金の相続を放棄したい

遺言書両親が亡くなった時、相続はどうすればいいんだろう?と年齢を重ねれば重ねるほど考える機会が増えると思います。
プラスになるほど遺産があるのなら相続したいけど、借金なら相続したくないと考えるのは普通だと思います。
両親がなくなる前から借金があるとわかっていた場合、なくなってから借金があると初めて知った場合でも借金の相続は放棄することが可能です。

借金の相続を放棄すると聞くと、いいイメージしかないかもしれません。
しかし相続を放棄するということは、借金だけの相続ではなく財産も一切相続できなくなるということになります。
もしも借金しか残っていないと思って相続を放棄したとします。
しかしその後になって、あなたが全く聞かされていなかった知らなかった財産がたくさん見つかったとしても相続は全くできなくなります。
一度でも相続を放棄してしまうと、取り消すことは不可能になります。

借金しか残してくれなかったと思っていても、実は借金を大きく上回る財産があったなんていう話は少なくありません。
もしも本当に相続を放棄するのなら、借金以外に相続するものはないか十分によく調べてから放棄しましょう。
また親族間でもめることがないように、十分に家族で話し合うことも必要です。