ともかくお金をかけないように、我慢です

お茶碗に入れたごはん現在62歳、年金生活者で障害者、一人暮らし。年金は障害者年金が月に5万円弱と、障害者の就職支援施設での自給が月に5万円程で合計10万円程です。年金の方は、税金や水道光熱費自動車関係に消えてしまうので、このお金を使うことはできません、あまりカードを使い過ぎると返済日前に、お金を振り込んでおかないといけなくなりますので大変な所もあります。

問題は普段の生活ですね。家は持ち家なので家賃はかかりませんが、食にはお金がかかります。それでも田舎の農業地帯に住んでいるので、友達も多くお米は直接安く買っているのですが、最近ご飯の食べ過ぎですか、減るのが早いです。最近お弁当を持って、施設に行っているから減るのが速いのですね。元からご飯大好きな人です。ラーメンでもご飯がないと嫌でしたので、ご飯の消費量が増えるのだと思いますが、減らすことはできません。

ご飯だけでは食事にならないので、やはりスーパーへお買い物へ行きますが、その日に買うものをしっかりと決めていきます。決めないで行くと、買い過ぎてしまいます。買い過ぎて買ってきたものを忘れて、冷蔵庫の中で消費期限を過ぎてしまうこともあります。最悪です。少しでも安くと購入してきたものが、食べられなくなっちゃうなんて、何のための節約なのでしょう。

今は、沢山の物は買わないようにしています。たくさん買うと、どうしても忘れてしまう食材が出て来てしまうからです。そうして、必要な物を必要なだけしか買わないようにして、無駄のないようにしています。少しでもお金を繰り越せるようにして、たまには飲みに行きたいです。