誰でも今から実践できる!節約方法2点

小さい瓶に入ったミルク私が普段生活をしていて実践している節約方法は2点。

まず1つ目は、小銭貯金です。
やり方はとても簡単。
財布の中にある小銭を毎日空き瓶に入れ、1カ月毎に集計し空いた時間に銀行へ振り込みにいくだけ。
ポイントは、小さめの瓶に100円や500円も全て入れる事です。
私は1カ月で、大体2000円前後貯めています。

あまり大きい瓶に貯めてしまうといつまでも増えた感じがしないので、ストレスが貯まります。
ですから、最初は化粧品のクリームの空き瓶くらいから慣らし、次にジャムの瓶、達成したらもう少し大きい瓶と、入れ物をグレードアップすると、目標が徐々に目に見えて達成され効果的です。
無理をしないことも大切です。

2つ目は仕事の時は必ずお弁当と水、その他を持参します。
昼ご飯は、一番安いコンビニ弁当298円とコンビニオリジナルのお茶108円を購入しても、400円はオーバーしてしまいます。
それに、飲み物は1日8時間働いていると500mlでは足りない時もあります。

私はお弁当の他、おやつ(腹持ちする為に、芋系を選びます。)水、気分転換用のコーヒーの粉とマイカップも持参します。
コーヒーの粉は、大型スーパーや業務スーパーで購入すれば、更に節約になります。
よって、1カ月20日間出勤、昼ご飯にかかる費用として、弁当代298円+お茶代108円+コーヒー代108円として1カ月約10,280円の節約ができています。

小さい事ですが、無理なく続けられる事を実践するのが節約のポイントだと思います。

自分に必要な保険が分かるように

保険選びのイメージ元々加入していた保険は昔ながらの特約がたくさん付いていて、更新型で更新の度に保険料があがるものでした。
そもそも見直しで相談するまで何がどれぐらい保障されるのかも分かっていませんでした。
見直しをする過程で死亡保障、医療保険、積み立て部分など内容を噛み砕いて教えてもらい、医療など老後必要になりそうな保障が80歳でなくなることや、死亡保障も事故だと手厚いが病気等だと少ないことも分かりました。
主人が独身の時にすすめられるまま加入したものでしたので、家族の人数や年齢に合わせて必要な保障についても教えていただきました。

主人はまだ30歳で子供が小さかったので、医療保障よりは万が一の時の収入保障や将来への積み立ての方をしたいという点を踏まえて、掛け捨ての保障という積み立ての保障を組み合わせて満足のいく保障内容になりました。
保険料が元の物に比べて特別安くなったわけではありませんが内容が手厚くなりましたし、掛け捨てのものと組み合わせることで状況に応じて解約し別の保険に入り直せるなど臨機応変に対応できるようになったと思います。
また、1つの保険会社ではなく複数の保険会社から条件に合う保険を選ぶことができたのも良かったですし、1つの保険会社に偏らないことでリスク分散にもなっているかと思います。
それでいて住所変更などの手続きや問い合わせ窓口は見直し相談を行なったプランナーさんにまとめてお願いできるのも管理面で助かる所でした。

保障を考える上で健康保険の高額療養費制度や今現在の年金について教えていただけたのも保険を通して貯蓄や老後を考える上で役に立つ情報でした。
結果として我が家の場合は保険を見直して保険料が大幅に安くなったわけではないですが、自分が加入している保険の内容と必要な保障を自分達で理解できるようになり、満足のいく保障内容にできたので良かったです。
そして、自分達で把握できているので必要な時は保険の請求漏れもしないと思いますし、今後見直したいときにも自分達で選ぶことができるようになったと思います。

DINKSの、将来予想マネープラン

仲の良い老夫婦「夫婦、共働き、子供なし」DINKSの我が家は、人生において大きな出費となるのは「家の所有」「車の所有」「老後の生活」だと思います。
その中の家の所有と車の所有について、私たちは「不要」という結論を下しました。

まずは家の所有についてですが、子供がいないので住む場所にたくさんの部屋数は不要だし、共働きなので家にいる時間も短いです。
家を購入してローン+予測できない修繕費を支払うよりも、賃貸で支出の額を固定することにしました。
そして車の所有についても、同じく共働きで乗る機会も少ないため、レンタカーやカーシェアで済ませることにしました。
その代わり街の中心部に住み、病院もスーパーも駅も近くて便利な生活をしています。
そのため、私たちが備えなければならない出費は「老後の生活」となります。

老後の生活まで20年ほどある為、最低限の貯金と保険を確保した後に投資で備えることにしました。
貯金は、どちらかが3~6ヶ月失業しても大丈夫な程度。
そして保険は、医療保険と死亡保険にそれぞれ加入しています。
死亡保険は、死亡した時はもちろん保険金が入り、死亡しなくても満期になったらその後年金のように定額で引き出すことができるタイプです。
老後が来る前に夫婦のどちらかが亡くなった場合も、生活に困らないように。

また二人で老後を過ごす際も、年金以外にお金を使えるように対策しています。
そして残りは投資ですが、現在は株を分散して購入しています。
株はリスクもリターンも高いですが、実際に現金が必要になる20年以上後までは、コツコツと勉強しながら続けたいと思います。
他の投資についても、これから勉強する予定です。
DINKSは子供もいない気楽な生活と見えるかもしれませんが、老後は面倒を見れる人が自分たちしかいないという面もあります。
いつまで働けるか、いつまで収入を得られるかは、夫婦の健康が重要になると考えています。
若いうちに健康的な生活を習慣化し、将来の医療費を減らすことも、私たち夫婦のマネープランです。

お買い物にはクレジットカード必須です。

ネットで買い物する女性ヨガは週に1回は必ず利用するので3ヶ月有効なチケットをクレジットカードで購入しています。
海外のネット通販で度々使用しています。
海外のサイトになるので円相場が良い場合は、お買い物率が高くなります。

化粧品を購入する際も値段がお得なサイトを探してオンラインでポチッとします。
ネットだと値段や物を色々比較出来て自分のタイミングでお買い物が楽しめて、クレジットカードがあれば自分次第で考えて購入出来るので自分の生活にマッチしています。
後は美容院もほぼクレジットカードを使って支払います。

クレジットカードを使うことによって、ポイントも同時に貯めることが出来るので一石二鳥だと思います。
特に楽天カードはお買い物にもポイントを直ぐ利用出来る点はお手軽で助かります。
イオンカードはゴールドカードになっても年会費が無料なので、利用しています。

これからは海外に行くことが多くなるので、年会費を払ってでもマイルが貯まるクレジットカードにしようか検討中です。
どちらも国内で使用する分にはお得感はあると思いますがマイルを貯めたい場合は使用しているどちらも利便性を考えられないので、要検討したいと思います。
クレジットカードはポイントの内容も使用金額によって見極めるべきだと思います。

商品価格だけでなく、送料と口コミにも注意!

美顔器のイラスト先日、いつも通っているエステでお家でできる美容機器を紹介されました。
フェイシャルがメインで、だれでも簡単にできるものでした。
実際使わせてもらい気に入ったので購入を検討しましたが、そのお店では定価だったので一旦保留にしました。

帰ってすぐネットで検索!大概、Amazonか楽天市場を見ます。
Amazonはまず安く、見やすい!そして、関東に住んでいるため、送料が無料のことが多いのです。
楽天市場は、商品価格はピンキリですが、口コミがしっかり書いてあるイメージです。
ですが、送料がかかってしまうことが多く、パッとすぐいくらかわからないので、少し困ります。

その中で私は、Amazonで目星をつけました。定価より1万円安いお目当ての商品。
安すぎやしないか?と口コミを見ると、店舗の対応が悪いそうで評価が最悪でした。
少し価格の上がった店では口コミはまあまあよく、送料も無料だったため、そちらで購入しました。
品物が安くとも、もし潰れた時や不良品であった場合、返品交換の対応が悪いと不安になります。
ですので、多少の安全はお金を払って買っているようなもんです。

また楽天市場では、商品価格が安くとも、最後の会計の画面でドカン!と送料がのしかかることもあり、商品価格だけで見るのは危険です。
ネットは安さが売りですので、そこでをしっかり口コミと送料なども見てから検討し安全安心で商品を購入してほしいと思います。

家を建てたいけど子育てはお金が必要

おしゃれな注文住宅目標は注文住宅で家を建てることです。
今は親族の家を家賃無しで借りている状態ですが、いつまでもいれる訳もなくいつか出ていかなくてはいけません。
今、1歳の息子がいて二人目を妊娠中です。
上の子が3歳になる頃には建てたいと考えています。

貯金は2年前に結婚してからずっとしてはいたのですが、子供が出来るとここまでお金がかかるのか、と思うくらいお金がかかり、家を建てることに対して私も旦那もそこまで考えていなかったので、全然貯まりませんでした。
二人目を授かり、本気で家を建てたいと思い貯金を本格的に始めました。

頭金として少なくても200万、出来れば300万を目標にしています。
ちょうど1年半後には目処がたてて住宅メーカーなど、決めていきたいと思っています。
旦那だけの稼ぎしかない状態なので、とにかく食費の節約がメインになっています。
生活費、貯金、諸々の支払い、旦那のお小遣いと、給料が入ったらすぐに分けてそれぞれ口座に振り込んで、その中でやりくりをするようにしています。

もともと洋服が好きで月1回は買い物をしていましたが、そのような買い物は最低限にしています。特に特別な貯金の方法ではないと思いますが、家を建てたいという明確な目標ができたので前に比べると意識が全然違います。
急な出費などで毎月同じように貯金が出来ていないのが現状ですが、諦めず意識してやっていきたいです。

相手の性格を理解しながらストレスのない節約へ

ショートケーキのイラスト我が家はまだ夫婦二人暮らしの新婚のため出費はさほど多くはないのですが、これから子供が欲しいと考えているので極力節約し少しでも貯蓄を増やしたい考えです。
転勤族のため私は専業主婦であり主人の収入のみで生計を立てているので切実です。
主人は性格上、自分にとても甘く、欲しい物はあまり考えずに買ってしまうタイプです。
今までもそれで無駄になってきたものもいくつかあります。

煙草は吸わず、毎日の飲酒もないため定期的な出費はないのが救いですが、その代わり甘い物が大好きで、すぐにコンビになどでアイスやお菓子を買おうとしてしまいます。
私にとってはそれが無駄遣いだと思うのですが、今までそれが習慣だった主人には我慢が辛いようです。
なるべくコンビニなどに寄る機会が少なくなるよう、仕事の日はお弁当を持っていってもらっています。

休日は二人で出掛けることばかりなので主人のお金の使い方が見えているのが救いです。
ついスーパーやコンビニで嗜好品を選んでくる時は「今度買っておくから今日はやめておこう」と優しく説明し理解してもらいます。
また、普段の家での食生活も気をつけ、食卓をバランスよく見た目よく豊かにすることで満足感を得られるように努力しています。

欲求不満の状態になると外での無駄遣いに繋がると思うので、食事の時間はとても大切です。
もちろん仕事で疲れて帰ってくる主人のために甘い物を用意したり、手作りのお菓子なども効果的です。
重要なのは、一方的に「節約!我慢!」と押しつけるのではなく、相手の性格を理解しストレスを感じさせず自然な節約へ促すことだと思っています。

食材宅配サービスで無駄遣いをしなくなった

スーパーのカートと家我が家では約2年前から食材宅配サービスを利用しています。
きっかけはスーパーへ行ってもいつも同じ品揃えなので、違うものを買いたいと思ったことです。
今は食材宅配サービスに野菜だけを届けてもらっていて、その他のお肉や魚は週末にまとめてスーパーで買っています。
宅配サービスは若干割高なのですが、1ヶ月の食費を照らし合わせてみると、約1万円も節約できていたのです!

なぜ割高のサービスを使って節約?と思われるかもしれませんが、スーパーへ行く回数が減ったことが節約になっていました。
スーパーへ行くとついつい必要なもの以外を買ってしまいます。
これ安いなとか、たまには買ってみようかとか、子どもにお菓子やジュースとか。
つい買い物かごに入れてしまいがちです。

それが、宅配サービスによりスーパーへ行かなくても良い状況になり、無駄遣いをしなくなりました。
週末のお肉や魚の買い物の時は気を引き締めて、買おうと思っていたもの以外に目がいかないようにしています。
その結果、約1万円もの節約に繋がったのです。

一体今までどれだけ買わなくても困らないものを買っていたんだろうと、自分が嫌になりました。
割高感のある宅配サービスですが、意外と節約にも繋がることがわかったのでずっと続けています。

もらい事故でまさかの50万即払い!

車の接触事故先日、車を運転中に隣を走っていた車が突然寄ってきて接触。
納車わずか3ヵ月の新車の左サイド全面に傷がつきました。
即保険屋さんに連絡した上で、ディーラーに修理に持ち込みましたが相手の方が「何かが飛び出してきたから避けようと寄ったのは間違いない。(警察の検証で何もなかったことが証明された。)

でも、私がもともと車線を跨いで走っていたから接触したんだ。」と過失割合5:5を主張してきたため交渉は難航。
相手の保険会社の方もあまりの言い分に説得してくださるも一歩も譲らずで、もちろんこちらも「それでは納得いかない!」と譲らなかった為決着がつかず弁護士さんに間に入ってもらうことになりました。

その間、過失割合が決まらないと保険金が下りないのにディーラーからは支払いを急かされ、まさかの50万円即払いに…!
ボーナス前で手元にここまでのまとまった金額がなかったので非常に困り、金融機関から借りようか悩みましたが金利が多くかかるので
ダメ元で親に相談してみると何とか貸してもらえることになり無事支払うことができました。
その後おかげさまで相手が10:0を認めたため、全額保険金が支払われたので親にもすぐに返すことが出来ました。

個人運営のスーパーはくまなくチェック

八百屋のイラスト大手スーパーと個人店八百屋やスーパーを併用し、まずは個人店で安いものを探して、格安品があれば見逃さないこと。
賞味期限が近いものが多いですが、冷凍保存できたりするものもありますので、生物でなければ見逃さずに買うことです。
個人店などにあるものは、2度と入荷しない事も多いので、お得で保存できるものは多めに買っておくのがポイントです。

スーパーの特売品はたかが知れてるので、爆安を狙うなら絶対個人店、八百屋、酒屋がいいと思います。
ネット上の商品も安いものは多くありますが、驚くほど安いものは、一期一会の実店舗スーパーに限ります。
特に価値やニーズをよくわかってない、家族経営のおじちゃんおばちゃんがやってる店は、なんで?!っていう商品もよくあります。

謎の激安輸入品や、よくわからないメーカーや、初めて見るものも多いので、宝探しのようで楽しいです。
足で稼がないといけないので、体力は必要ですが、日々の節約ですので頑張れます。
いくら安くても、使い道のないものは買いませんが、見てるだけでも面白いですし、ここはこういう物をたまに売ってるというのを知っておくだけでも役に立ちます。
地域にあるお店は小さなものでもくまなく一度は行ってみて、お店の雰囲気だけでも掴んでおく事が大事だと思います。