へそくりはネットバンクへの貯金がおすすめ!

スマホを持つ手へそくりの隠し場所というと、机の引き出しの裏、たんすの上など、古典的な場所が思い浮かびますが、実際これらの場所は見つかることが多いのでおすすめできません。
リスクが少ないのは、通帳が発行されないネットバンクです。

なぜ口座を作るのかと怪しまれるのではないかという危惧もあります。
確かに口座を開設すれば、なんらかの郵便物が届きますので、口座を作ったこと自体はばれてしまうかもしれませんが、ネット通販で必要なのだとか、ポイントがたまりやすいからとか、色々な理由は付けられると思います。
男性なら、「地方競馬の馬券を買いたいが、ネットで馬券を買うにはネットバンキングの口座が必要だ」など、開設が必要なもっともらしい言い訳を考えて、堂々と口座開設すればよいです。
理由はともかく作ってしまえばこちらのものです。

もともと持っている小遣い用の口座があればそれを併用しつつへそくり預金をしていけば、よりへそくり口座であることを隠すことができます。
通帳がないので預金金額はログインしないと見られないので安心です。
他にも、ネットバンクは預金額に応じて優遇金利が適用になったり、ポイントがたまったりと、楽しく貯金することができます。
まずは10万円ためて定期預金にしよう、とか、目標も立てやすいのがいいところだと思います。

貯まっていくとパソコンやスマホで金額をチェックするのが楽しくなりますよ。
パスワード管理はしっかりしないといけませんが。

簡単にできる節税の話

カプセルの薬払わなくても良いのであれば、少額でも払いたくないのが税金です。
はじめはとても面倒だろうと思っていたのですが、家計を見直そうと思い節税対策をはじめました。
まず、はじめに行ったのが保険の見直しです。保険を見直す際に、控除の対象となる金額を調べ、控除の内容を確認しながら保険料の見直しをはじめました。

最初、自分でやろうと始めた際には挫折しそうになりましたが、今ではファイナンシャルプランナーというお仕事があります。
無料の相談会というのも多くあるので、これを利用すると、さすがにプロだけあり分かりやすく直ぐに簡単に見直しが行えました。
保険料も抑えることができ、確定申告では保険控除も受けれました。

その他には医療費控除の申請も行いました。
10万円という医療費なんて到底届かないと申請する気のない方が多いですが、家計が同じだと家族分も合算して申請することができるのです。
また市販で購入した薬などの代金も足してもよいですし、出産などの費用も合算請求することができます。

とても大変で面倒なイメージがありますが、実際はただレシートをとっておくだけですので、とても簡単です。専用用紙を準備して、そこに直接かいていくと申請の時にも簡単です。

恋人から貰ったプレゼント、売れる?売れない?

赤いリボンの小さなプレゼントお金に困ったとき、家にある何かを売ろうと考えたことはありませんか?
使わなくなった家電やブランドの時計屋バッグ、デザインが古くなったアクセサリーなど売れそうなものを探すと思います。
でもその中に、昔付き合っていた恋人からもらったプレゼントがあったら売れますか?

付き合っていた恋人と別れたら、当時のものはすべて処分する!という人もいます。
別れたら思い出の品なども一切目に入れたくない!と綺麗さっぱり処分しないと気持ちの整理がつかないという人。
逆に何年経っても手紙や写真、プレゼントも全部取っておくという人。
別れてしまっても大切な自分の思い出だという人と、はっきり二手に分かれると思います。

もしも本当にお金に困っていて、もらったプレゼントの処分にも困っているのなら売ってもいいと思います。
いつまでもクローゼットにしまっておいても、どうにもなりませんからね。
ただその場合、もしもの時のことを考えてネットで売るほうがいいかもしれません。
別れたのが何年も前だったとしても、直接質屋などのお店に持っていくとどこで誰が見ているかもわかりません。
元恋人の逆恨みを買ってしまう可能性もあります。

それに不用品を売る時には、売る前に必ず査定金額を確認しましょう。
納得いかないような金額だったら、他社にも査定してもらうなど少しでも高く買ってもらえるようにしましょう。

元恋人からのプレゼントを売るにしろ売らないにしろ、何かを売らないとお金に困るような生活はできればしたくありませんよね。
できるだけお金は計画的に、節約しながら大切に使いましょう。

電子マネー、おすすめできるのはコレ!

レジをする若い女性のイラスト電子マネー、持ってますか?
私はnanaco、ponta、WAON、楽天Edy、suicaを持っています。
その中でよく利用しているのがnanacoとpontaとWAONの3枚です。
suicaは以前の勤め先が自宅から電車で30分かかるところだったので定期として使いつつ、駅ナカで買い物するときにチャージしてよく利用していましたが転職してから全く利用なしになりました。
楽天Edyは、楽天市場でよく買い物をするので作ってみましたが店舗によってポイント率が違うのでわかりにくいのと提携先もあまり利用しないような店舗ばかりなので利用する機会もなく全く使っていません。

nanacoは、セブンイレブンでよく利用します。
もともとコンビニの中で一番セブンイレブンの利用頻度が高かったことと、ヨーカドー系列のスーパーも近所にあるのでよくポイントが貯まります。
WAONはミニストップやイオンで。
pontaはケンタッキーやゲオ、たまにローソンで使います。
この3種類の電子マネーの提携先店舗は利用頻度が高いので、どれもポイントを交換したことがあります。

このことでよくわかるように、電子マネーを作るときに一番重視するべき点はどこでポイントが貯まるか、自分がどこでよく買い物をするかによって大きく変わってきます。
どうせ電子マネーにチャージして支払いをするなら、少しでもお得に、ポイントを貯めないと意味がありません。
作りたいと思っている電子マネーのホームページで提携先を確認して、自分に一番あった電子マネーを作りましょう。
自分が一番買い物する先と提携している電子マネーが、一番オススメの電子マネーです!

借金の相続を放棄したい

遺言書両親が亡くなった時、相続はどうすればいいんだろう?と年齢を重ねれば重ねるほど考える機会が増えると思います。
プラスになるほど遺産があるのなら相続したいけど、借金なら相続したくないと考えるのは普通だと思います。
両親がなくなる前から借金があるとわかっていた場合、なくなってから借金があると初めて知った場合でも借金の相続は放棄することが可能です。

借金の相続を放棄すると聞くと、いいイメージしかないかもしれません。
しかし相続を放棄するということは、借金だけの相続ではなく財産も一切相続できなくなるということになります。
もしも借金しか残っていないと思って相続を放棄したとします。
しかしその後になって、あなたが全く聞かされていなかった知らなかった財産がたくさん見つかったとしても相続は全くできなくなります。
一度でも相続を放棄してしまうと、取り消すことは不可能になります。

借金しか残してくれなかったと思っていても、実は借金を大きく上回る財産があったなんていう話は少なくありません。
もしも本当に相続を放棄するのなら、借金以外に相続するものはないか十分によく調べてから放棄しましょう。
また親族間でもめることがないように、十分に家族で話し合うことも必要です。

いくら?おせち料理の平均予算

美味しそうなおせち料理楽しかったクリスマスも終わって、今度はお正月がやってきます。
お正月には欠かせないおせち料理、毎年どうしてますか?
年末にはのんびりしていたいと、最近では自分で作るという人よりデパートやインターネットで購入予約する人が増えています。
自分で作るよりも買ったほうが美味しい、予算的に考えても自分で作るのと大して変わらないので買うことにしたという意見も多く聞かれます。

年末年始の準備の食材費の平均が大体2~3万円。
おせち料理の材料はもちろんですが、カニやエビを食べる人も多いので結構な金額になるんですよね。
自分で準備しても2~3万円かかってしまうのなら、やっぱり買ったほうが楽でいいと考えるのは主婦なら当然です。
エビやカニが入っているおせちもありますし、なにより盛りつけもキレイでプロの味が楽しめるので今年はどこのおせちにしようか考えるのを楽しみにしている人もいるくらいです。

世の中不景気だと言われていますが、おせち料理の平均予算は安定しているそうです。
せっかくだから、少しいいものを食べようと金額に関係なくおせちを予約する人が多いみたいです。
また、お正月には娘息子が帰ってくるから、孫が遊びに来るからと楽しみにしているおじいちゃんおばあちゃんがデパートなどで高級おせちを買っていくんだそうです。

私も普段節約してる分、お正月ぐらいは豪華なおせちが食べたいですね。
美味しいおせちを食べて、来年もいい1年にしたいですね。

定期預金のメリット

緑の通帳とハンコのイラストお金に少し余裕が出てくると、誰もが考える定期預金。
でも今の時代、定期預金にしたところでほとんどメリットなんてないのでは?と思ってしまいますよね。
こんな時代でも、定期預金をするメリットって本当にあるんでしょうか?

定期預金とは、満期になるまでは基本的に引き出すことができないという決まりがあるので普通預金よりは金利が高くなっています。
いつを満期にするかは自分で決めることもできますが、銀行側である程度決まっているのがほとんどです。
その期間が長ければ長いほど、金利も高くなります。
期間だけでなく、預ける金額が多ければ多いほど金利も高くなります。

しかし、低金利のこの時代に定期預金に預けたところでメリットはあまりないかもしれません。
いつでもお金を引き出せる状態だとついつい無駄使いしてしまうから・・・という人にはいいかもしれませんが、お金を増やしたいという目的で定期預金を検討しても期待はかなり少ないと言えます。
やはりお金を増やしたいという目的で利用するのであれば、多かれ少なかれリスクがあるようなものでないとなかなか難しいです。

定期預金は、どうせ預けるなら少しでも金利は高いほうがいい!という人。
無駄使いを防止したいという人にはメリットがあると言えますが、お金を増やしたい人にはほぼメリットはないといってもいいと思います。

貯金できない理由、実は単純だった。

子豚の貯金箱とお金と電卓それなりの収入があるのに貯金ができない・・・なんで?と悩んでいませんか?
実は、貯金ができないと悩んでいる人のほとんどが実は簡単な理由から貯金ができていないんです。

貯金ができない理由、それは何も知らないことが問題なんです。
一体、何を知らないのか?それはお金の流れなんです。

自分が今月いくらに収入があって、何にいくら使ったのか知らない人は貯金が出来ていません。
また、何のために貯金したいのか、いくらが目標金額なのかなど全く決めていない人も貯金が出来ていません。
つまり、なんとなくお金を使ってなんとなく貯金したいなーくらいにしか考えていないからなんです。

いくらかでもお金を大切にして、貯金をしようと考える人は家計簿をつけます。
毎月の必要最低限の生活費や、自由に使える分のお金などの管理をします。

貯金ができない人は、何にお金を使ったかほとんど覚えていません。
気が付くと、あれ?お金こんなになかったけ?何に使ったんだっけかな?という状態になっています。

貯金をしたいなら、自分のお金の流れを知りましょう!
それだけで貯金に1歩、近づきます。
それから、いつまでにいくら貯めたいのかなどの細かい目標を設定して貯金に向けての計画を立てていくようにしましょう。

主婦のお小遣い平均額が・・・。

買い物帰りの主婦のイラスト主婦でも決まったお小遣いが毎月欲しい・・・。
そう思いつつも、家計のやりくりをしているとそうも言ってられないとお小遣いなしの主婦の方も多いのが現実です。

主婦のお小遣いの平均金額としては、フルタイムでお仕事をしている主婦の方の場合は平均は2万6千円前後。
時間の短いパート勤務の場合は、平均1万5千円前後だそうです。
ちなみに専業主婦の方もパートの方と金額はさほど変わらずで、1万4千円前後が平均だそうです。

年代で言うと、家計のやりくりもかなりベテランになったり、子育てもある程度落ち着いた40代を過ぎてくるとお小遣いの金額も高くなってくるという傾向にあるようです。
女性だとやはり、妊娠出産や育児で精一杯で自分のお小遣いまで家計のやりくりからは考えられない人が多いのかもしれません。

また、家計のやりくりのすべてを任されている主婦の方も多いのでお友達とちょっとランチに行く時などには、決まったお小遣いがなくても家計のお金でうまくやりくりしている方もいるのでお小遣いはなしになっているというご家庭もあるようです。

主婦のお小遣いの平均金額を聞いて、少ない!と思いましたが特に金額に不満を感じている主婦の方は多くいないようです。
やはり女性は家計を第一に考えているんですね。
たまには自分にちょっとしたご褒美を与えつつ、これからも家計のために頑張って欲しいですね(^-^)

お金を増やすには投資しかない?

豚貯金箱とお金と女の人のイラストお金と増やしたい!誰もがそう考えて毎日を過ごしていますが、お金を増やすにはどうする事が一番効率がいいんでしょうか?

よくお金持ちの人は言います。
投資をすることだ!と。

しかしそれはある程度の資金と余裕があるから出来ることであって、平均的な収入で生活している人にとってはなかなか一歩踏み出すことは難しいと思います。
投資をするということは、お金が増えるといういいことばかりではありません。
もちろんお金が増える可能性もありますが、逆にお金がなくなってしまう可能性もあるのです。
よく10万円貯まったら投資を・・と言いますが、10万円はもしもなくなってしまったら大きな損です。

お金は増やしたい、だけど損することは考えられない。
という人は、月に1万円でも投資したつもりで貯金することをおすすめします。
その方が確実にお金が増えて、損もしません。
投資したつもりではなくても、毎月の車のローンの支払いが最初から今よりも1万円高かったと考えれば簡単に貯金することができます。

損をしてもいいから投資をするのであれば、どこにどのように投資するのか十分に検討してからにしましょう。
初心者でも必ず稼げる、初心者でも簡単!などの宣伝に騙されないように注意してください。