株式市場で10万円分を購入してみる

上昇するグラフ私は今までで経験した投資は「株式市場」ぐらいです。
銀行から定期をそのまま「投資信託」にしたこともありますが、既にそれは満期を終えました。

今現在は少々の株を持っています。
いつの頃か「デイトレード」という「ブーム」があり、その頃、乗っかってしまいました。
リーマンショックなどで株価が暴落し、売るに売れない株は現在「塩付け」状態となっております。
こんな自分が何故10万円あれば「株を」と言う理由は色々あります。

自分は株の知識もないままブームに乗せられてデイトレードにて結果、失敗しています。
でも10万円程度であれば金額的にもリスクによる損害は少ないと思われます。
現在「ニーサ」という売買方式もあります。
詳しくは勉強不足で分かりませんが小口で出来る株取引だと認識しています。
こういったあたりを入り口にして勉強するのもよいのではないかと思います。

10万円を増やしたいということであればリスクを背負って「信用取引」という選択もありますが、これは失敗した時の代償が半端ないので初心者にはお勧めできません。
株は信用取引をしない限り「マイナス」にはなりません。
通常のギャンブルと同じです。(サラ金から借りてギャンブルするような依存症の人は除きます)

ではどのような銘柄を買えばいいのか、という事になりますが、投資の金額を10万円と限定するならそれに納まる銘柄に絞られます。
株は100株または1000株単位で購入する銘柄が多いので10万円という額麺では複数の銘柄より1社だけに絞ったほうが良いかもしれません。

そして選ぶ理由では「配当がいい」「株主優待がいい」「株価が上がりそう」など人によって様々ですが大まかでこの3つぐらいに絞られるのではないでしょうか。
この額では株取引の手数料も無料(多分ですが)なので違う気になる銘柄が欲しければネット上で直ぐに売買もできます。
ただ、配当落ち日など時期によって株価は激変しますのでやはり情報収集や勉強は必要になります。

クレジットカードの賢い選び方

ショッピングカート私の使用しているクレジットカードは主にイオンカードです。
他にもいろいろクレジットカードがあり、立ち寄った店舗で勧められたカードを何枚か作って使用していました。
もともとはイオンカードもそんな感じで作ったと思います。

作って使い始めの頃は、大きな買い物をするときに使用したり、まとまったお金が必要な時にキャッシングをする程度で、公共料金やすぐに使ってしまうものなどにクレジットカードを使用するという考えはありませんでした。
なんとなくポイントを貯めて、ある程度ポイントが貯まったらポイントの範囲内で欲しいものを貰う。そんな感じだったと思います。

でもWAONという電子マネーの登場で、どんな風にカードを利用すれば良いのか考えました。
ポイントとの引き換えに「WAONに交換」という選択肢ができたからです。
それまで各店舗で作ったカードの使用は止め、どこの店に買い物に行ってもイオンカードを利用することにしました。

ガス代などの公共料金や、携帯電話料金などすべてイオンカードで引き落としになるように変更。
だいたい年初からポイントを貯め始めると、出費が多い年末にはある程度ポイントが貯まるので、
年末になるとそのポイントをWAONに交換して使用しています。
その他、小さなものでも他のものよりポイントが多く付く場合などは、出来るだけカードで支払いをするようにしています。

それ以外にも使用しているのは、ぴあカードです。
名前のとおり、チケットぴあが発行しているクレジットカード。
音楽ライブに行くのが好きで、行きたい人のライブチケットを出来るだけ取りやすくするために作りました。
このカードを作って会員登録すると、チケットぴあのプレミアム会員になり一般発売より早くチケット予約することができます。

年に数回しか使用しないのでポイントを貯めるのはできませんが、プレミアム会員限定でチケット先行発売のお知らせが届くので、申し込みが多い人気がある人のチケットを取れる確率は上がります。

安くできるカツ丼ならぬコロッケ丼

かつ丼トンカツは高くてなかなか手が出ない時に作るメニューです。
トンカツの代わりにコロッケを使います。
ちょっとカツの雰囲気を出したい時にはメンチカツでもいいです。

3人分の作り方
コロッケかメンチカツ4つ
玉ねぎ1/4
たまご2個

醤油
みりん
ほんだし
砂糖(おこのみで)

玉ねぎは薄切りにする。
フライパンに水、醤油、みりん、ほんだしを入れる。分量は水が6に対し、醤油が2、みりんが1程度。お好みで砂糖少々。

切った玉ねぎとコロッケをすべて入れて火にかける。中火から強火。
火にかけている間に卵を溶いておく。
沸騰し、コロッケの衣のまわりが水分でしみてきたら、卵をまわしかける。
フライパンに蓋をしめて、卵が半熟状態になるまで待ったらできあがり。

細切りにしたかまぼこを入れるとかさが増します。
かまぼこに味がしみこんで、おいしいです。
盛り付けた最後に、三つ葉かネギでも飾ったら彩りも良いですね。

コロッケがない、買いに行く暇もない時は冷凍の唐揚げを1人4つ程度、半分にカットし、それをコロッケ代わりにしてもおいしいです。
揚げ物だったら結構なんでもいけると思います。
つゆだくにしたい場合はつゆは多めに作ってください。
子供には大好評です。

担任から衝撃の一言。10万円さよなら…。

困った顔の歯のイラスト子供の歯列矯正にかかった器具代、40万円。
後戻りを防止する為の器具に付け替えて2ヶ月、子供には口頭のみでちゃんと着けているのか確認をとっていました。
そして夏休みの少し前に小学校の懇談があり、先生から衝撃の一言が…。
掃除の時間に装着するのを忘れていた器具を落としてしまい、踏んで壊してしまったそうです。
しかも壊したのは数週間前の出来事だったそうです。

本人からちゃんと話したと思っていた先生は、しまった!というような顔をされていました。
ずっと着けているものと思っていた私は、その日のうちに慌てて歯医者に連絡をしました。
結果、器具の作りなおしに約10万円。

子供のすることなので想定はしていたものの、あまりの大きな出費に空いた口がふさがりませんでした。
黙っていた理由は私に叱られるのが怖かったから、との事。
学校の先生には叱らないであげてください、と言われていましたがやっぱり怒ってしまいました。

その数週間でしっかり後戻りしてしまい、すぐに話してくれていたらもう少し安くで済んでいたそうです。
ちゃんと確認しておかなかった私が悪いのですが、ちょうど他の出費と重なったのでとても大変でした。

毎月1万円ずつ積み立てている私の通帳から払ったのですが、子供には「出世払い」ということで話をつけました。笑
それからはしっかりと管理しているようで今の所事故はありません。

水まわりをキレイに トイレ掃除が習慣

桶とひしゃく私は小さい頃から、母に水まわりは1番キレイにしなさいと教えられてきました。
母が風水が大好きで、水まわりをキレイにしないとお金も入ってこないとよく教えられていました。

その為、私はトイレ掃除を毎日欠かさず行うのが習慣化しています。
トイレ掃除を毎日行うようになってから2年。
ある日トイレ掃除をして、宝くじのスクラッチを買いに行きました。

1000円でも当たればいいなと思ってバラで買ったのですが、なんと3000円が2口も当たりました。
まさかトイレ掃除のおかげ?と思わずにはいられません。

私は先祖のお墓が家から近いので月1回は必ずお墓参りに行き、掃除をしてお花と線香をあげていました。
お盆の時期にいつものように掃除をして手を合わせていると、めったに会わない親戚のおじさん夫婦に会いました。
久しぶり!大きくなったわねえ?と言われ、お小遣いをもらったのです。

なんと3万円!私は嬉しい気持ちと共にお墓の掃除のおかげかな?と思いました。
確かに掃除を始める前から比べて臨時収入が増えたり、宝くじも少しですが当選したり、いいことばっかりです。
トイレ掃除もお墓参りもいつも続けていたから先祖が見ていてくれてご褒美をくれたのかなあなんて思ったりしています。

貸したお金を返済してもらうために、取り立てやが登場してしまいました。

美容院でシャンプーされる女性私が若い頃、近所の美容院で働く年下の美容師を一目で好きになってしまいました。
髪をカットしてもらっている間、とても楽しく過ごした記憶があります。

カット終了後、特になにもなく帰宅しました。その日の夜、自宅にその美容師から電話がかかってきて、「ハンカチを忘れています」と言われました。
美容院のカルテには自宅の住所や電話番号を記載してあるのです。
私はハンカチなど持っていなかったので、私のではないと伝えたところ、誘いの電話だったのです。

それをきっかけに会いお付き合いをするようになったのですが、それは私の思い込みで相手にとっては単なる遊びでした。
彼は年下で美容師になり立てのため、お給料もあまりよくなかったようで、お金を貸すことが増えました。
一度に貸す額はそれ程高額ではなかったのですが、惚れた弱みで私はついつい彼にお金を貸し続けてしまいました。

総額40万円程になった頃に返済を迫ったところ、何かと理由を付けて返してくれませんでした。そればかりか、会うこともなくなってしまったのです。
私の友人に相談したところ、友人の彼が間に入ってくれるということでお願いしたのですが、実はその彼は自分ではなく、取り立て専門の人に頼んでしまったのです。

そこまでしなくても美容師の彼は返してくれたのではないかと思ったのですが、後の祭りでした。
美容師の彼からはきちんと返済してもらったようですが、半分はその取り立て専門の人に支払うことになってしまいました。
当時そのようなことは全く考えもしなかったのですが、間に入ってくれた友人の彼曰く「当たり前のこと」でした。
世の中の常識を知る、いい勉強になりました。

長男にお風呂の時のシャワーを減らしてもらいました

浴槽のイラスト家族4人で生活していますが各人のお風呂の入り方で水道料とガス代が変わって来ます。
ガス代は我が家ではお風呂が決め手になります。
各個人のプライベートを尊重しますのであまりとやかく言わないのですが、ガス代で1万5千円を超えると、やはり節約しなければ駄目です。

日本人はお風呂好きの綺麗好きかもしれませんがそう言う意味では私は違います。
2日に1度の割合でお風呂に入ります。
しかしシャワーをよく使う長男にガス代が高いと料金明細を見せて説明しました。

長男は最初から最後まで全てシャワーです。それで風呂おけに入っている残り湯を出来るだけ使う様にして身体を洗い最後にシャワーを浴びると言うように変えてもらいました。
料金的に家計に響いてくるのはガス代で出金額を掴んでおればこれは説明が可能です。

お風呂のガス器具とそのガス代なので大きいガス器具でも火力でもありませんが実際4千円ほどガス代が節約できるようになりました。長男がお風呂の残り湯を使いお風呂に入る事にして最後にシャワーを浴びるようにしました。

結果として私と長男のお風呂の入り方でガス代は減りました。
通常1年を通して残り湯を使いシャワーを最後の上がり湯として使えばガス、水道などの料金は減るので家計に響きません。
長男に後で料金明細を見せると解ったらしく実際に料金が減るので少し経費節減に寄与した形になっています。

後は水道料金と電気代でこれは私の家ではそれほど変動がなく風呂の水や料理の水を節約してもしれていますし、風呂は残り湯がありますから全員イチから入れなおす事はありません。
比較的大きい風呂おけです。
電気はエアコンをつけるかどうかで季節的に変わるぐらいです。
しかし水道光熱費の利用明細は解りにくいですね、何とかしてほしいです。

買い物のお釣りをこっそりへそくり!

50円玉私は、いつもスーパーの買い物のときのお釣りをこっそりへそくりしています。
普段、買い物は1人でしてますし、家計簿も私がつけているので、家族に隠れてへそくりできます。

ただし、お釣りからへそくりにする額は、50円を上限にしています。
すべてのお釣りをへそくりにしていると、家族にばれる危険性が増しますし、家族に対して罪悪感もあるからです。
1円から50円までのほんのわずかな金額ですが、少しずつ貯まっていき、3年かけて、1万円弱になりました。

貯まったへそくりは、おいしいものを食べたり、洋服を買ったりと、自分へのご褒美に使いたいと思っています。
へそくりは、専用の貯金箱に入れ、私の机の引き出しに隠しています。
鍵をかけることができるので、私以外誰もその引き出しを開けることはできません。

以前は、寝室にある本棚の本の後ろに隠していたのですが、家族にばれそうになったので今の置き場所に変えました。
でも、この前、鍵つきの引き出しに何が入っているのか家族から質問され、びくっとしてしまいました。

もしかしたら家族に怪しまれているのかもしれません。
もし、へそくりしていることがばれたら、正直に謝って貯めたへそくりで家族と一緒に食事をしたいと思っています。

生命保険の見直しで、充実した保障内容になった

保険やさん主人の生命保険と医療保険の見直しに、近所のみつばち保険ファームに相談に行きました。
11月に第1子誕生予定なので、現在加入している保険内容を見直してもらうのが目的でした。

保険は加入年齢が1歳違うと、月々の保険料も変わってくるとのことです。
1ヶ月に数百円程度ですが、誕生月が近い場合は早めの加入をおすすめしますと言われました。

主人が現在加入している保険は第一生命のブライトWayという保険です。
生命保険と医療保険をセットにした保険で、10年ごとに保険料の見直しが入るタイプです。

現在の契約では、死亡保障2000万円+医療保険で、保険料は月1万円程度ですが、
10年の更新毎に保険料が上がるので、同じ補償内容だと10年後には月16,000円、20年後には月32,000円となり、
現実的ではないと感じていました。

まず、ファイナンシャル・プランナーには、子供産まれるにあたって、生命保険の金額が少ないことを指摘されました。

今、万が一主人亡くなった場合、
①子供が成人までにかかる教育資金が約1,500万円、
②現在の生活費を参考に、私と子供の生活費が月20万円×12ヶ月=年間240万円
年金を受給できるまでの年数が38年間なので、240万円×38年間=9,120万円
合計で1億円以上のお金が必要になるとのことです。

ただ、遺族年金なども貰えますので、配偶者と子ども1人という家庭でしたら
死亡保障は4,000~5,000万円くらいが目安とのことでした。

次に、主人が現在加入している保険は生命保険と医療保険がセットになっているので、
内訳が分かりにくい上に保険料が高い点を指摘されました。

保険は1年以内の喫煙歴があるかどうかで、入れる保険と入れない保険があり、
これは自己申告ではなく、実際に鼻から筒のようなものをいれて検査をされるとのことでした。
主人は1年以内に喫煙歴がありますので、その条件でなるべく安い保険をシミュレーションしてもらいました。

ファイナンシャル・プランナーには、保険料が上がらない終身タイプの生命保険と医療保険に分けて加入し、
生命保険は必要がなくなった段階で解約することをおすすめされました。

生命保険はオリックス生命の「Keep」、医療保険はメディケア生命の「メディフィットA」がそれぞれ現在の条件では一番保険料が安いと言われました。

ただ、メディケア生命の「メディフィットA」は、三大疾病に対する補償が薄く、がんのみの保障になっていますので、
不安なようなら、朝日生命の7大疾病保険「スマイルセブン」で医療保障を充実させるといいとアドバイスされました。

保険料は、死亡保障4,800万円+医療保険で月14,000円程度でした。
保険料が、月4,000円しか上がらないのに、万が一の場合の死亡保障額は倍以上に増えたことに驚きました。

保険は組み合わせ次第で、充実した補償内容にすることができると、大変勉強になりました。

カード枚数は最低限、必需品をお得に

クレジットカードクレジットカードは使ったら、貯金が減るものだという無駄遣いしない意識を常に持っています。その上でなるべく支払いは、カードで行いポイントを貯める機会を無駄にはしません。
光熱費などの引き落としにするものも、調べてクレジットカード支払いが可能なものはクレジットカードに変更します。
また、クレジットカードでお得さに違いがなければできるだけ1枚に集約し、使った金額など把握、意識しやすいようにし、無駄遣いがないか、おかしな使用がないか管理しやすいようにしています。
対象のクレジットカードを使用することで割引が受けられる日や、ポイントが倍になる日を把握し、必要なものをその日にまとめて買うようにします。
別途ダイレクトメールでの割引券があるときは、ポイントが倍になる日に合わせて使用したりもします。
セゾンカードでは、買い物をせずに、アンケート、レシート提出、チラシ閲覧など、いろいろな方法で少しずつですが手間だけでポイントを稼げます。
アンケートは、早い者勝ちなので、なるべくはやく解答する必要がありますが、くるアンケート件数は少なくないので無視できない方法です。
アンケートは、パソコンで答えるものが2種類の他にスマホ限定のものもあります。

レシート提出もいろいろな外食店のレシートの募集があるので、外食が多い人は、ひっかかるレシートはあるかもです。
ネット通販を利用する場合、セゾンカードのサイトを経由するとポイントが何倍にもつくサービスがあります。
サイトもよく使いそうな店も多く、10倍にもなるところもあり、手間ですし忘れがちですが、無視できないサービスです。

セゾンカードで嬉しいのが、よく使うAmazonのギフト券へのポイント交換が、私が感じる限りはいい比率で交換できることです。
Amazonはいろんな商品がありますし、安く購入できる分野の商品もあるので重宝します。
イオンカードは、イオンでの買い物が大きな割合を占めるので、使っています。
割引の日は前からありますが、最近は、カードで払えばいつもポイント2倍になるので、WAONより買い物がよりお得になりました。
また、ポイントを無駄なくWAONに交換できるので、食費や日用品など生活費に有効に使えるのがいいです。